最安のHIV検査キットがいい

HIV検査キットは結局のところいくらで買えるの?
とにかく安く検査を実施したい!

送料も含め、HIV検査キットが最安で購入できる順でランキング形式にしました。

いずれも、当サイトで紹介している信頼性や使いやすさには問題がないサイトです。

男女共通キット(最安順)
検査キット名 価格、検査項目、評価・レビュー
[販売サイト] GME医学検査研究所⇒詳細説明
[検査項目] 1種類

HIV(エイズ)
[価格] 4,730円/3,440円
[送料] 無料
[評価・レビュー]

GME医学研究所の検査キットはどれを購入しても送料無料!スタンダードパッケージ(4,730円)とローコストパッケージ(3,440円)の2種類があり、価格を抑えたローコストパッケージなら驚きの3,440円(税込・送料込)で最安の検査が可能。ローコストパッケージには予備のランセットなどが付属されませんので2回目以降の検査にも最適。とにかく最安で検査をしたい!そんな方はローコストパッケージがよいでしょう。
[販売サイト] ふじメディカル⇒詳細説明
[検査項目] 1種類

HIV(エイズ)
[価格] 3,300円/3,600円
[送料] 550円
[評価・レビュー]

通常タイプ(3,300円)と簡易書留タイプ(3,600円)が用意されているが、簡易書留タイプは検査結果を郵送(簡易書留)で送ってくるというだけのもの。通常タイプはメールで検査結果を通知してくれるので、メールアドレスを持っていない人以外は通常タイプを選べばよいです(安いし便利)。送料は一律550円必要だが、検査キット本体の価格が安めに設定されているので、送料分を足しても合計3,850円で検査が可能。
[販売サイト] STDチェッカー(STD研究所)⇒詳細説明
[検査項目] 1種類

HIV(エイズ)
[価格] 4,968円
[送料] 540円、メール便なら送料無料
[評価・レビュー]

メール便を利用すれば送料無料になるものの、検査キット本体価格が若干高め。メール便利用で合計4,968円。信頼性や検査の説明、サポート(電話サポートや予備ランセット付属、再検査無料)などがとにかく充実しているが、これらの付加価値が不要な場合(検査に慣れていて失敗しない自信がある場合)は、他の最安検査キットを選んでも問題ないでしょう。


検査キット比較 風俗とHIV感染
検査目的で選ぶ 管理人の体験談
HIV検査キットについて HIVの基礎知識
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

最安のHIV検査キットがいい