2014年も梅毒感染者が増加!

ニュース

国立感染症研究所が梅毒の動向について調査し発表しました。
この発表によると、年々梅毒の感染例が増えているのだといいます。

2013年の梅毒総報告数は 1,226 人
2012年の梅毒総報告数は 875 人

確かに2012年と2013年を比べても 1.4倍にも増加している。

そして、今年2014年に入った現在(5月時点)で既に感染報告者数は470人を超えています。

この調子で増加すれば、2014年も昨年を上回る梅毒感染者数となることは間違いありません。

また、都道府県別に見ると(2014年5月時点)

1位・東京(146人)
2位・大阪(65人)
3位・愛知(50人)
4位・神奈川(29人)
5位・千葉(15人)

さらに、栃木、北海道、福岡、埼玉、静岡、宮城と続きます。

やはり多いのは東京・大阪・愛知。
この3県は人口も風俗店も多い為、注意が必要です。

男性同士の同性愛

梅毒感染は男性同士のセックス(MSM:Men who have sex with men)を中心に感染が広がる傾向にあり、これはアナルセックスを示唆しています。

アナルセックスは、肛門内の粘膜が破れ出血を伴いやすいため、HIVの主な感染ルートになるのです。

梅毒は異性間のセックスでも普通に感染しますから、感染原因全てが男性同士のセックスではないにしろ、アナルセックスによる感染が過半数以上を占めているのは間違いありません。

そして、梅毒やHIVに感染した男性が他の男性や女性とセックスをし、更に感染が拡大していく訳です。

梅毒感染が広がるということは、HIV感染の拡大にも注意しなければならないということなのです。

■ こちらのページも参考にしてみてください。
→ B型肝炎・梅毒・アメーバ症からHIV感染を疑う

STDチェッカー

一昔前までは不治の病として恐れられた梅毒ですが、今はきちんと治療しさえすれば完治する感染症です。

ですが梅毒感染は、先ほども記載したようにHIVも同時に感染している可能性がある為甘くみてはいけません。

HIVは薬では完治しないのですから。

梅毒感染に心当たりがある場合は、梅毒の検査だけでなく、HIV(エイズ)の検査も同時に行っておく必要があるでしょう。

梅毒とHIVを一緒に検査できる検査キット
 この際、徹底的に検査したい

HIVの基礎知識 HIV検査キットについて
検査キット比較 検査目的で選ぶ
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

2014年も梅毒感染者が増加!