カウパー腺液(先走り液・我慢汁)でHIVに感染するのか?

フェラ

性的な興奮を感じると男性器からはカウパー腺液(先走り液・我慢汁)と呼ばれる透明な液体が排出されます。

カウパー腺液(先走り液・我慢汁)にも微量ではあるものの精子が含まれており妊娠する可能性があるということは有名ですね。

管理人の知り合いもそれで妊娠してデキ婚をした人がいます (^。^;)

皆さんそんな知識があってか、カウパー腺液(先走り液・我慢汁)だけでもHIV(エイズ)に感染するのかと心配になるようです。

カウパー線液

そもそもカウパー腺液(先走り液・我慢汁)とは何なのでしょうか?

正式名称を尿道球腺液(にょうどうきゅうせんえき)と言い、精子の通り道となる尿道内や膣内を弱アルカリ性に変え、精子を卵子へ届けやすくする役割があります。

この尿道球腺液をイギリスのウィリアム・カウパー医師が発見し、その功績から広く”カウパー線液”と呼ばれるようになりました。

また、カウパー線液の他に一般的な俗称として、射精前に男性器からジワジワと漏れ出す様から”先走り液”や”我慢汁”などとも呼ばれます。

HIVウイルス

HIVウイルスは血液や精液、膣分泌液中に存在し、傷口や粘膜を通じて感染します。

カウパー線液(先走り液・我慢汁)には少量ですが、精液が混じっておりHIVウイルスも存在します

ですので、もし万が一男性がHIV(エイズ)に感染していたとしたら、カウパー線液(先走り液・我慢汁)を通じて女性にHIV(エイズ)を感染させてしまう可能性があるということになります。

例え”生フェラ・ゴム有本番”だとしてもフェラの時点で既に感染リスクがありますし、手に付いたカウパー線液(先走り液・我慢汁)が傷口や粘膜に触れてもHIV(エイズ)に感染することがあるわけです。

ただし、カウパー線液(先走り液・我慢汁)に含まれているHIVウイルス量はさほど多くなく、強いて言えば唾液による感染と同程度の感染率しかありません。

すなわち、カウパー線液(先走り液・我慢汁)が少し粘膜に付いた、もしくは傷口に付いたくらいでは、それほど心配する必要はないのです。

ただし、100%感染していないという断言は出来ませんので、どうしても心配であればここはやはり一度HIV(エイズ)検査を行ったほうがよいでしょう。

■ 感染経路と感染確率についてはこちらを参考にして下さい。
HIVウイルスの感染経路と感染力、危険度(確率)

カウパー線液(先走り液・我慢汁)だけで感染することよりも、やはり粘膜や血液を介する感染の方が格段に感染率が上がります。

セックス

逆に、女性がHIV(エイズ)に感染している場合を考えてみましょう。

カウパー線液(先走り液・我慢汁)が直接膣内や口内に触れる環境、すなわち生挿入・生フェラがあれば、カウパー線液(先走り液・我慢汁)を介してというよりも粘膜同士の接触により、男性へHIVウイルスが感染する可能性が高くなります。

”カウパー線液(先走り液・我慢汁)がHIVウイルスを殺す”なんてこともありませんので、カウパー線液(先走り液・我慢汁)が出てくる前にきちんとコンドームを装着し粘膜接触を防ぐようにしましょう。


検査キット比較 風俗とHIV感染
検査目的で選ぶ 管理人の体験談
HIV検査キットについて HIVの基礎知識
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

カウパー腺液(先走り液・我慢汁)でHIVに感染するのか?