GME医学検査研究所の信頼性は?検査方法 口コミ 体験談

GME医学研究所公式サイト
スタンダードパッケージ ローコストパッケージ

公式サイトを見てみる
株式会社GME
2006年7月
総合評価
信頼性
使いやすさ
4,730円(税込)
3,440円(税込)※ 2タイプ有
  • 365日検査を実施
  • 送料・代引手数料無料
  • 検体到着の翌日夕方にはスピード判定
  • 選べる2タイプ(スタンダードパッケージ/ローコストパッケージ)
  • 自社検査機関による信頼性の高い検査結果

GME医学検査研究所の信頼性

GME医学検査研究所は2006年7月から販売開始しており、群馬大学との共同研究や優れた採取器具の採用、ドクター八木による電話健康相談の実施などを行う実績ある検査機関ですので信頼性は申し分ありません。

また、感染の可能性がある使用済みの血液採取セット(ランセットや血液の付着したろ紙)等の廃棄物は使用の有無に関わらず全て細心の注意を払って処分をしています。

GME医学検査研究所は特にこんな方におすすめです

  • 本体料金が安いローコストパッケージを利用したい方
  • 送料・代引手数料は無料がいい方
  • 土日祝日関係なく検査をしてほしい方
  • 銀行振込やコンビニ払いを利用したい方
  • 検査結果を郵送で受け取りたい方

GME医学検査研究所の良い点

  • 用途に合わせて選べる2種類の検査キット
    スタンダードパッケージ/ローコストパッケージ
  • 365日検査を実施している
  • ヤマト運輸センター受け取り、郵便局受け取りが可能
  • クレジットカードや銀行振込、代引き、コンビニ払いなどの
    支払い方法が豊富に用意されている
  • 検査は信頼のおける自社機関で実施している
  • 郵送した検体が到着したら、最短で翌日には検査結果が見れる

GME医学検査研究所の悪い点

  • 検査手順の解説や、ホームページの注文方法がわかりにくい
  • ローコストパッケージで、検体送付後に再検査の必要がある場合、
    再検査は別途1,080円が必要
  • 採血量が少し多め
運営会社 株式会社GME
会社設立:2005年1月
検査機関
[検査機関]
GME医学検査研究所(群馬県登録衛生検査所 登録番号 第54号)
[顧問ドクター]
八木 繁樹
自社機関で検査・判定を行います。
信頼度
使い易さ・説明の丁寧さ

検査キットの説明やホームページ(特に注文画面)が少々わかりづらい
検査結果までの所要日数 最短で4日~6日

※ 当日発送・翌日到着 → 即日検査・発送 → 2日後到着・検査 → 1日後に検査結果 を想定した場合
HIV検査キットの料金 [スタンダードパッケージ] : 4,730円(税込)
初めてHIV検査をする方向けのパッケージ。予備の採血キットと採取に失敗した場合などの検査キット再送料金が無料。

※ 詳細は以下に記載 (こちらをクリック)
[ローコストパッケージ] : 3,440円(税込)
HIV検査に慣れた方向けのパッケージ。予備の採血キットがなく、採取に失敗した場合などの検査キット再送料金が別途1,080円必要。

※ 詳細は以下に記載 (こちらをクリック)
検査の匿名性 検査申込書に印字されている検査申込番号で個人情報が特定できるため、完全な匿名性はありません。ただし、郵便局留めを利用した場合は住所を知らせる必要はなくなります。
全検査可能項目 HIV(エイズ)、クラミジア、クラミジア(のど)、淋菌、淋菌(のど)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、トリコモナス、カンジダ、HPV(ヒトパピローマウイルス)、子宮頸がん、乳がん、胃がん、大腸がん、肺がん
検査キット種類 GME医学検査研究所では上記の組み合わせで様々なタイプを用意

HIVだけでなく他の性感染症やがんの検査も可能です。
検査項目と検査キットの一覧はこちら → 検査項目一覧
配送方法と送料 どの配送方法を選んでも送料無料

宅配便(佐川急便)…送料無料
郵便局留め…送料無料
ヤマト運輸センター留め…送料無料
速達メール便…送料無料

※ ローコストパッケージの配送は速達メール便になります。
支払方法
クレジットカード 代金引換 銀行振込 コンビニ払い Edy払い
VISAMasterCardJCBAMEXDinersClub
クレジットカード、代金引換(現金)、銀行振込、コンビニ払い、Edy払いが選択可能
代金引換手数料無料
銀行振込・コンビニ払い・Edy払いは先払い(入金確認後の発送)

※ ローコストパッケージはメール便のため代金引換は選択できません

GME医学研究所の公式サイトへ

スタンダードパッケージとローコストパッケージの違い

スタンダードパッケージ ローコストパッケージ
特徴 初めて検査キットを利用する方に最適。予備の採血キットが同梱され、採取に失敗した場合でも無料で検査キットを再送してくれる安心セット。 検査に慣れた方に最適。梱包材や予備キットを省きコストパフォーマンスを追求したセット。
包装 ダンボール箱 アルミ封筒
予備キット ランセット2個・絆創膏2枚・消毒綿1枚・ろ紙1枚 なし
再送 無料 1,080円
配送 ヤマト運輸(宅急便) 速達クロネコメール便
お届け日数 1~2日程度で到着 1~2日程度で到着
配送タイプ 手渡し、再配達可能 ポストに投函

GME検査キットの内容物

セルシーフィットの内容物

HIV検査キット内容物 血液採取セット

[内訳]
ランセット(採血器具)、採血用ろ紙、消毒綿、ばんそうこう、採血時の注意・説明書
取り扱い説明書、検査申込書、返信用封筒
梱包方法 [スタンダードパッケージ:代金引換の場合]
梱包ダンボール(代金引換の場合)
中身の分からないよう厳重に梱包し、無地のダンボールに梱包し発送します。
[スタンダードパッケージ:代金引換以外の場合]
梱包(代金引換以外の場合)
中身の分からないよう厳重に梱包し、無地のクラフト紙封筒に送付票を貼って発送します。
[ローコストパッケージ]
アルミ封筒に梱包
中身の分からないよう厳重に梱包し、アルミ封筒に梱包し発送します。
届くまでの日数 2日前後
配送時間帯指定 午前中、12-14時、14-16時、16-18時、18-20時、20-22時
※ スタンダードパッケージで自宅への配送を指定した場合のみ
送り状ラベル表記 宅配便の送り状に記載される発送元は「株式会社GME」、「小和田幸男」、「小和田幾野」から選択できます。また品名は「商品」と記載し送付します。(注文時に備考欄へ記入すれば指定もできます。)中身が検査キットと分かるような表記はありません。

GME医学研究所の公式サイトへ

検体の採取方法

検体の採取方法

手をよく温めてから、ランセット(採血器具)を用いて指から採血します。

指を消毒綿で拭き乾燥させた後、ランセットのキャップを外し、先端を指の腹に押し付けます。押し付けると一瞬だけ針が飛び出しすぐに引っ込みます。

血が出てきたら採血用ろ紙の「丸枠」内に血液を染み込ませていきます。(指の先に血玉が出来る程度に)少し血をためてから染み込ませると簡単です。心臓より下に腕を下ろし、肘から指先にかけてマッサージをすると効果的に血が出てきます。

HIV検査のみの場合は、丸枠2つが必要になります。丸枠2つが裏面まで血液でしっかり赤くなるまで染み込ませてください。

万が一、血が途中で止まり血の量が足りなくなった場合は、予備のランセットを使用し別の指から採血をしてください。(ローコストパッケージには予備のランセットは付属されていません)

検査結果の確認方法

GME検査結果の確認方法

GME医学研究所サイト右上にある「検査結果確認」をクリックすると検査結果確認ページに進みます。

■ わかりにくい場合はこちらからも行けます。
⇒ 検査結果確認ページ

検査結果ページに辿り着いたら、「安全なSSL版で結果確認」ボタンを押し、検体送付時に記載されていた検査申込番号と自分で決めたパスワードでログインします。

インターネットに繋がった端末からなら、パソコン、スマートフォン、携帯などどれでも確認が可能です。

また、どうしもパソコンが苦手…という方向けに、希望者には配達記録付き郵便で検査結果を送付してくれます(返送料無料)し、電話での確認も可能です。

※ 2014年4月にサイトがリニューアルされ見やすくなりました。

GME医学研究所の一番の魅力は、送料・代引き手数料が無料であるということとローコストパッケージが用意されている点です。特に、ローコストパッケージを利用すれば一回の検査料金はたったの3,440円で済みます。

一度検査キットを使ったことがある方や、とにかく料金を安く抑えたいという方にはこのローコストパッケージがおすすめです。

ただ、ローコストパッケージでは予備のランセットが入っていませんので、採血が失敗したなどで再検査が必要になった場合の検査キットの再送には別途1,080円が必要になります。

採血は特に難しものではないのでローコストパッケージでも十分ですが、血液不足でHIV検査ができない場合などもありますので1回目の検査だけはスタンダードパッケージのほうがよいかもしれません。(再送にかかる費用が無料になります。)

次に検査結果についてですが、群馬大学との共同研究を始め、一般的なものより優れた採取器具の採用、ドクター八木による電話健康相談の実施など、性感染症検査の信頼性・精度を高めるために様々な工夫を凝らしており、検査結果の信頼性も十分です。

ホームページの注文画面や検査キットの使い方説明が若干分かりにくい点があり、その辺が特に問題にならなければGMEは安く抑えられるいい検査機関です。

またGME医学研究所では、女性特有のがんである子宮頸がん・乳がんをはじめ、がん検査キットも用意してあります。がん検査が気になるようでしたら、HIV検査と一緒にがん検査を受信することも可能です。

ローコストパッケージと送料無料が魅力の「GME検査キット」はこちら
↓ ↓ ↓
GME医学研究所の公式サイトへ


こちらの検査キットも比較してみてください。

検査キットの利用が初めての方や、パソコン操作があまり得意ではない方はこちらのキットをおすすめします。


検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

GME医学検査研究所の信頼性は?検査方法 口コミ 体験談