専門スタッフによるチーム医療

チーム医療

HIV(エイズ)感染症の治療は様々な困難が待ち受けています。

そこで、医師や看護師、薬剤師、カウンセラーなど専門知識を持ったサポーターがそれぞれ連携し合ってチームで治療を進める”チーム医療”が大切になってきます。

HIV(エイズ)感染者が抱える悩みは皆それぞれ違う訳ですし、仮に同じ人であっても状況によって悩みは都度変わってくるものです。

  • HIV感染の告知を受けた直後
  • HIV治療を開始した直後

この2つでは当然悩みは違ってきます。

エイズ(HIV)感染者にとって、それぞれの悩みに合った解決案を提示してくれなければ、HIV(エイズ)治療を安心して継続していくことはできません。

このような様々な悩みを解決してくれるのがチーム医療なのです。

現在のHIV(エイズ)治療現場では、こうした治療に伴う多くの悩みを解決するため、様々な職種のスタッフが連携しながらサポートを提供してくれる病院も増えてきました。

チーム医療を提供してくれる病院では、

    医師や看護師だけではなく、
    薬のことなら薬剤師、
    福祉制度などの手続きはソーシャルワーカー、
    それ以外の相談しにくいこと全般はカウンセラー

といったように、それぞれの専門スタッフを頼りにすることができるのです。

また当然、家族やパートナーの支援があれば更に心強いでしょう。ですが、なかなか支えるほうも精神的、肉体的に大変です。支える側もあまり抱え込まないで済むように相談できるルートを準備しておくとよいでしょう。

皆で協力する

HIV(エイズ)治療を開始すると、薬の服用だけでなく長期合併症の予防のためにセルフマネジメントを行わなければならないケースも出てきます。

■ セルフマネジメントについてはこちらの記事に詳しくまとめています。
→ セルフマネジメントの重要性

特に、心血管疾患・腎臓疾患・肝臓疾患などの長期合併症を防ぐためには、自己管理(セルフマネジメント)による糖尿病や高血圧、脂質異常症といった生活習慣病を未然に防がなければなりません。

過度な飲酒・喫煙を控えたり、軽い適度な運動を行うなど、生活習慣を見直していくのです。

もちろんこれもチーム医療の一環です。自らが主役としてこの”治療チーム”を引っ張っていかなければなりません。

チーム医療では、とにかく患者が安心して治療を続けれらるように配慮してくれます。

周りのサポートに応える意味でも、サポーターとのコミュニケーションを大切にし、感染者本人も頑張ってセルフマネジメントを行っていくように心がけましょう。


検査キット比較 風俗とHIV感染
検査目的で選ぶ 管理人の体験談
HIV検査キットについて HIVの基礎知識
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

専門スタッフによるチーム医療