看護師・薬剤師・カウンセラー・ソーシャルワーカーの役割

看護師

エイズ(HIV)の治療では、医師だけでなく看護師や薬剤師に相談する場面も出てきます。

日和見感染症を発症して入院した場合はもちろん、体調管理や服薬状況、生活環境の変化などで、医師に話しにくいことでは看護師がフォローしてくれるケースがあります。

また、抗HIV療法では多剤併用療法を行います。

医師があなたに合った薬を処方するわけですが、処方の際薬剤師も注意して処方を確認しており、色々と相談に乗ってくれます。

内服方法や副作用についての疑問点や体の不調などがあれば、薬剤師に相談してみるのも1つの手です。

■ 詳しくはこちらにも説明してあります。
→ HIVウイルスの薬剤耐性

  • 回数、錠数、食事との飲み合わせ
  • 飲み忘れに気付いたときの対応
  • 医師の説明だけでは解りにくかった場合

など、薬に関してのことは薬のスペシャリストに聞いてみると医師よりも解りやすく説明してくる場合もあります。

特に、抗HIV薬は決められた用法を守って服用しないと薬剤耐性を持ってしまい、その後の治療に影響が出ます。

不明点がないようにしっかりと理解した上で服用してください。

薬剤師

また近年は、院内処方する病院が減ってきました。
ほとんどが院外処方へ移行してきています。

院内処方であれば薬剤師にも話が聞きやすいですが、院外処方の場合は、少し薬局を考慮する必要があるかもしれません。

たとえ、抗HIV薬の処方が出来てもHIV(エイズ)の専門知識や経験が少ない薬剤師しかいない薬局であれば、期待する回答が得られないからです。

院外処方の場合、どの薬局で薬をもらえばよいか病院と相談してみてもいいでしょう。

カウンセラー

HIV(エイズ)は家族や友人、会社の同僚に病名を告げることすら難しい病気です。

病名を告げるだけでも難しいため、当然相談もしにくく、なかなか相談できていないというのが現状です。

自分ひとりで悩みを抱え込んでいてはいけません。
こんなときはカウンセラーを利用してみましょう。

カウンセラーは治療を成功へ導くために大変重要な役割を担ってくれています。

医師や看護師、薬剤師よりも、より身近な立場で相談を受けてくれるためです。

告知直後だけでなく、家族やパートナーとの関わり、社会的な偏見、セーファーセックス、薬物使用、高齢化など。どんな些細な悩みも溜め込まず相談するようにしてください。

病院内にカウンセラーがいなくても、現在は、派遣カンセラー制度が利用できるようになってきています。

費用はかかりませんので、是非活用していきましょう。

また、カウンセラーの他にソーシャルワーカーも居ます

福祉制度の説明や、外国人のビザ関係、保険の取得などの問題がある場合は、ソーシャルワーカーがスムーズに解決へ導いてくれますよ。


検査キット比較 風俗とHIV感染
検査目的で選ぶ 管理人の体験談
HIV検査キットについて HIVの基礎知識
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

看護師・薬剤師・カウンセラー・ソーシャルワーカーの役割