HIV感染の治療と社会制度

車椅子

HIV(エイズ)に感染した場合、治療は複数の薬剤を組み合わせて服用する”抗HIV療法”が一般的になります。

HIV治療薬は現在でもかなり高価で、保険適用がなければ通常月に20万円くらいかかってしまいます。

健康保険に加入していれば本人負担は3割で済みですが、それでも5~6万円はかかってくることになります。

40代くらいになれば毎月5~6万円くらいならなんとか支払っていけるかもしれませんが、HIV(エイズ)感染者は20代・30代も多く、若い世代の場合はこのような高価な治療費を払い続けることは難しくなります。

毎月数万円という高価な治療費がHIV治療の妨げになることも多いため、自己負担を軽減するために様々な社会制度が定められています。

ソーシャルワーカー

HIV感染症では、一定の基準を満たせば免疫機能障害として身体障害者手帳を取得することが可能ですので、身体障害者手帳は実に多くの方が利用しています。

身体障害者手帳を取得すれば、”自立支援医療”や”重度心身障害者医療費助成制度”が利用出来、医療費負担を軽減させることが可能になるのです。

身体障害者手帳についての相談は医療ソーシャルワーカーが居ればそちらに相談するとよいでしょう。

また日和見感染症を発症して入院を余儀なくされてしまった場合は、”高額療養費制度”を利用すれば、かかった費用の一部が戻ってきたりもします。

更に、入退院を繰り返したり入院が長引いてしまったりすると、休職が必要になったり、最悪は退職しなければならないケースだって考えられます。

こんな時は”疾病手当金”や”障害年金”、”生活保護”などといった社会制度を利用することを検討していきましょう。

使える制度や申請方法などは、その時の状況や住んでいる地域によって様々です。

病院に医療ソーシャルワーカーが居れば相談してみましょう。


HIVの基礎知識 HIV検査キットについて
検査キット比較 検査目的で選ぶ
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

HIV感染の治療と社会制度