代表的な疾患と受診する科

病院

エイズ(HIV)を知るきっかけは様々ですが、自ら不安を感じて検査を行う人は極一部です。

ほとんどは何かしらの症状があって病院を受診し、そこで初めてHIV(エイズ)感染を知ることになります。

帯状疱疹や梅毒による皮膚科受診。
淋病・クラミジアなどの尿道炎での泌尿器科受診。
尖圭コンジローマによる肛門科受診。
口腔内カンジダや難治性腫瘍などによる歯科口腔外科受診などです。

これらの疾患をきっかけに受診し、HIV(エイズ)感染が発覚します。

HIV(エイズ)感染を疑う代表的な疾患があり、
これらの診療科ではこのような症状が出た場合、HIV(エイズ)検査を勧められます。

万が一検査を勧められた場合は、早い段階で感染に気付けば気付くほどHIVは治療が効果的になりますので、早めに検査をしておきましょう

感染後は免疫細胞数の減少が進むと色々な日和見感染症を発症してきます。

日和見感染症の症状は多岐に渡りますので、眼科や皮膚科での受診も必要になるでしょうし、場合によっては循環器科や整形外科、腎臓内科、精神科などへの受診が必要になるかもしれません。

代表的な疾患と受診する科は以下の通りです。

疾患名 受診する科
脂質異常症、糖尿病 内分泌科
心血管疾患 循環器科
脳血管疾患 脳外科
骨関連疾患 整形外科
悪性腫瘍 各臓器の診療科
HIV脳症 精神科
サイトメガロウイルス感染症 眼科
口腔内カンジダ、カポジ肉腫 歯科
梅毒、ヘルペス、帯状疱疹 皮膚科
尖圭コンジローマ 肛門科
淋病、クラミジア 泌尿器科
子宮頸がん 産婦人科

このうち、心筋梗塞や脳梗塞などの心血管疾患や脳血管疾患、骨関連疾患などは、高齢化に伴って発症率が上がってきますので、循環器科、脳外科、整形外科との連携は特に重要になってきます。

診療科

また女性のHIV(エイズ)感染者の場合は、ヒトパピローマウイルスが原因で発症する”エイズ指標疾患の1つでもある子宮頸がん”があるため、産婦人科との連携も必要になってくるでしょう。

更に、歯科に関しては短期間での通院を余儀なくされることが多く、遠くの病院まで毎回通うのは骨が折れてしまいます。

そこで、このような場合は近くの病院でも治療を受けられる歯科医院がないか聞いてみましょう。

HIV感染症の治療は、HIV(エイズ)感染が引き金となり他院・他科へ紹介されるケースも多くなります

紹介される病院は”近いのか遠いのか”、”医師はHIV治療の経験が豊富なのか”など不明点があれば予め聞いておくとよいかもしれません。


検査キット比較 風俗とHIV感染
検査目的で選ぶ 管理人の体験談
HIV検査キットについて HIVの基礎知識
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

代表的な疾患と受診する科