抗HIV療法(HAART、ART)と抗HIV薬

薬

HIV(エイズ)の治療では複数の抗HIV薬を組み合わせる多剤併用療法を用います。

多剤併用療法は一般的に”抗HIV療法”や”抗HIV治療”、英語では”HAART(ハート)”もしくは”ART (アート)”などと呼ばれます。

この抗HIV療法は非常に画期的な治療法であり、HIV(エイズ)の治療を大きく進歩させました。

HIV(エイズ)感染者が死亡する主な原因は、免疫力の低下による日和見感染症の発症になります。

抗HIV療法では低下した免疫力を回復・維持させることができますので、結果的に日和見感染症の発症を防ぎ、余命を長くすることに繋がります。

現在の治療ではしっかり服用を続ければ、HIVウイルスを体内から完全に無くすことはできないもののHIVウイルス量をかなり(測定感度未満まで)抑制することが可能です。

近い将来、HIVウイルスもヘルペスウイルスなどと同様、体内に潜在していても支障のないウイルスへと変貌していくことでしょう。

薬剤耐性

抗HIV薬の中途半端な服用は絶対にしてはいけません。飲んだり飲まなかったりを繰り返すとHIVウイルスが薬への抗体を持ってしまい、効果がなくなってしまいます

抗HIV薬は忘れることのないよう長期に渡ってしっかりと管理しながら服用し続けなければなりません。

また昔の治療薬は、今よりも薬剤耐性が起こりやすく副作用も多かったので、意図的に免疫細胞(CD4)数がかなり減ってくるのを待ち、それから治療を開始していました。

抗HIV療法を開始する時期をギリギリまで遅らせていたのです。

しかし近年使用される治療薬は、より飲みやすい薬・より副作用が起こりにくい薬へと改善されてきているので、免疫細胞(CD4)数の減少を待たずして治療を開始しても問題はありません。

抗HIV療法においては、HIVウイルスに薬剤耐性が付きにくくするため複数の抗HIV薬を組み合わせて服用します。

抗HIV薬の組み合わせは基本、キードラッグバックボーンの2種類を処方します。

推奨されるキードラッグは以下になります。

種類 薬剤名 服用回数
NNRTI ストックリン(EFV) 1日1回
PI レイアタッツ(ATV)+ノービア(RTV) 1日1回
PI ブリジスタナイーブ(DRV)+ノービア(RTV) 1日1回
INSTI アイセントレス(RAL) 1日1回

推奨されるバックボーンは以下になります。

種類 薬剤名 服用回数
NRTI ツルバダ(TDF/FTC) 1日1回
NRTI エフジコム(ABC/3TC) 1日1回

HIV治療薬の作用機序と薬物動態、投与量や投与方法、副作用などを知りたい場合は、抗HIV治療ガイドラインにも詳しく説明されていますので参考にされてみてください。


検査キット比較 風俗とHIV感染
検査目的で選ぶ 管理人の体験談
HIV検査キットについて HIVの基礎知識
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

抗HIV療法(HAART、ART)と抗HIV薬