HIV(エイズ)治療と入院

入院

HIV(エイズ)の感染から日和見感染症を発症してしまうと入院を余儀なくされることもあります。

免疫細胞(CD4)数がかなり減少してきている場合は、日和見感染症も一つではなく複数発症する危険性がありますので十分注意しなければなりません。

抗HIV薬の進歩により入院する患者数は以前よりも減ってきたものの、日和見感染症の発症ではなく長期的な治療で起こる他の合併症や、長期副作用が原因の入院が増えてきています。

また、抗HIV療法を開始するとHIVウイルスの活性を抑えることが出来るので免疫細胞(CD4)数が徐々に増えてきますが、このとき一時的に合併症がひどくなることがあります。

これを”免疫再構築症候群”といい、免疫再構築症候群は治療開始から1ヶ月~3ヶ月の頃が特に多くなるのでこのことも頭に入れておきましょう。

相談できる医師

しかし、いくら抗HIV療法が進歩してきたと言っても治療が遅れれば死亡することもありますし、回復しても重度の後遺症が残ることだってあります。

こうなってくると長期間の入院が必要になり、身体のことだけでなく、仕事面や経済面といった問題も出てきます。

日和見感染症による入院であれば、15%程度の患者はたとえ回復したとしても後遺症が残ってしまい、その後の生活が大きく変わることになりかねません。

適切な治療はもちろん、精神面や経済面もしっかりと相談できる病院や医師との連絡体制を整えておかなければならないのです。

日和見感染症の発症さえ予防できれば入院を避けることができますので、治療の過程でCD4数を見ながら、適切に日和見感染症の予防を行っていきます。

治療指針として定められている予防は以下です。

CD4数 予防する日和見感染症
CD4数 < 200/μL CD4数が200/μLより少なくなれば、ニューモシスチス肺炎の予防を開始します。
CD4数 < 100/μL CD4数が100/μLより少なくなれば、トキソプラズマ脳症の予防を開始します。
CD4数 < 50/μL CD4数が50/μL以下になれば、非結核性抗酸菌症の予防を開始します。

またCD4数が50/μL以下になってくると非結核性抗酸菌症の発症だけではなく、複数の日和見感染症を発症する可能性が高くなってくるため、症状が出ていない他の疾患(サイトメガロウイルス網膜炎や子宮頸癌など)の検診等も必要になってきます。

HIV(エイズ)感染の治療には身体障害者手帳を利用した助成や、入院費の負担を軽減するための助成などの助成制度を受けることができます。

セーファーセックス

また入院した場合の退院後は、抗HIV薬の服用を継続させるための意識付けや緊急時の連絡先・連絡方法(アドヒアランス)をしっかりと確認し、セーファーセックスについても認識しておく必要があります。

【セーファーセックス : Safer Sex または、セーフセックス : Sefe Sex とは】

HIV(エイズ)の感染を広げないためのセックス。

また膣内性行為だけでなく、フェラチオやクンニリングスなどの口による性交(オーラルセックス)やディープキス、アナルセックスなどでも感染するということを意識し、不要な行為はなるべく避ける。

コンドームの利用は当たり前です。それ以外に不特定多数との性交渉はしないなど、HIV(エイズ)感染を広げないように気を付けましょう。


検査キット比較 風俗とHIV感染
検査目的で選ぶ 管理人の体験談
HIV検査キットについて HIVの基礎知識
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

HIV(エイズ)治療と入院