ソープ嬢は毎月検査してるから感染しない?

ソープ嬢

あなたはソープランドに行ったことがありますか?

管理人はよく行っていました…
そして、たくさんの風俗嬢と色んな話をしました。

ソープランドでは本番行為を伴いますから当然HIV(エイズ)を筆頭に様々な性感染症に感染する可能性があります。

ですので、ソープランドの風俗嬢は大抵、
HIV(エイズ)や性感染症の検査をしています。

頻度はまちまちで、店によっては月1回の検査を義務化しているところもありますし、全く強制していないところもあります。

性感染症検査を義務化していない店では、検査は風俗嬢の意識次第となります。しかも自費であることがほとんど。

こういうお店で働いている風俗嬢は性感染症への意識が低いため、ほとんどの子が検査を受けていません。

”性感染症なんて、感染しても薬を飲めば平気でしょ?”くらいな意識です。

毎日数十人との性行為をするソープランドで、性感染検査をしないなんて考えられません。

高級ソープ

優良店と言われるソープランドでは風俗嬢の性病検査を義務化しています。

大体は毎月1回の検査で、店側も自信を持って宣伝してきます。

「うちの店は衛生管理がきちんと行き届いていますよ!
 女の子だって毎月検査させています!」

しかし、実は毎月検査をしたから100%安心という訳でもありません

例えば、風俗嬢が1週間前に検査をしたが、その翌日にお客から性感染症を感染させられたとします。

潜伏期間中でも相手に感染させてしまう感染症もありますし、既に何らかの症状が発症しているかもしれません。

そんな風俗嬢が、次の検査を受けるまで自分が感染していることに気付かずに出勤してきて、あなたと今日セックスしました。

…どうでしょうか?
感染してしまう可能性は高いですよね?

このように、1ヶ月に1度の性感染症検査なんて、ほんの気休めにしかすぎません

中にはNS(ノースキン:ゴム無しOK)のソープ嬢だっています。

    NSソープ嬢 「毎月検査しているから、ゴム無しでも大丈夫だよ。」

いやいやいや…

ソープランドでゴム無しセックスするなんて危険すぎます。
盾も持たずに戦場に突撃するくらい危険です。

感染していないと言い切れる訳がありません。

人妻とのセックス

ソープランドでは平気でゴム無しセックスを楽しみ、
彼女や妻とはゴムを着けセックスをする…

…逆でしょう。

しかし、現実そういう男性は多いです。
(管理人もそうでしたが…)

    本番行為はゴムを着けているから性感染症なんて感染するわけないさっ!

危険

これは間違いです。

エイズ(HIV)を含む性感染症の感染源は本番行為だけではありません

フェラチオやクンニリングス、挙げ句にはキスですら様々な性感染症が感染するリスクがあるのです。

口の中から出血していたり、性器に傷があったりすると感染確率は跳ね上がります。

理想は本番行為を含む全ての行為でゴムを装着することです。

ですが、ソープランドに来てそれはなかなか出来ることではありません。
(性欲に負けてしまいますし…)

ソープランドに行くこと自体我慢するに越したことはありませんが、どうしても我慢できないようならせめて優良店へ行き、ゴムは装着するくらいは注意しておきましょう。


検査キット比較 風俗とHIV感染
検査目的で選ぶ 管理人の体験談
HIV検査キットについて HIVの基礎知識
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

ソープ嬢は毎月検査してるから感染しない?