ヘルスとソープのHIV感染確率を比較してみた

性欲がない男なんていませんから、男なら風俗行くのは当たり前。

ソープだと病気が怖いからヘルスしか行かないよ」こんな人と出会ったことがあります。

そもそもヘルスなら病気に感染しないっていう意識にびっくりしました。

そこで、ヘルスとソープのHIV感染確率を比較してみることに。

ファッションヘルス、略してヘルス。

ヘルスはご存じの通り本番行為が無く、マットプレイや素股、フェラチオでイカせてくれるサービスです。

一方ソープランドは、このサービスに加え本番行為(セックス)がプラスされます。

本番行為(セックス)でHIV(エイズ)に感染する確率は
女性側が0.3~1.0%、男性側は0.1~0.3%程です。

■ 性行為と感染確率についてはこちらにまとめています。
→ HIVウイルスの感染経路と感染力、危険度(確率)

この数字だけを見るとさほど感染率は高いようには思えませんが、これはあくまでも確率の世界。運が悪ければ1回のセックスでHIV(エイズ)に感染することも当然あります。

ヘルスではこの本番行為がないため若干感染率は下がりますが、
もちろんフェラチオだけでもHIV(エイズ)に感染します。

フェラチオでHIV(エイズ)に感染する確率は0.05%程度とかなり低いですが、もし相手の女の子が口内炎などで出血を伴っていれば感染確率は跳ね上がります。

血液を介したほうが感染率は格段に上がってしまうからです。

またヘルスに行けば、クンニもしますよね?
実はクンニでもHIV(エイズ)に感染します

クンニでHIV(エイズ)に感染する確率はフェラチオとほぼ同程度(0.05%程度)ですが、女の子が生理中であれば血液を介しますので感染確率は上がります。

まとめると、平均的なHIV(エイズ)感染率は

ソープなら
→ フェラチオ(0.05%)+クンニ(0.05%)+本番行為(0.3%)= 約0.4%

ヘルスなら
→ フェラチオ(0.05%)+クンニ(0.05%)= 約0.1%

といった具合になります。

これらからも分かるように、本番行為(セックス)がないヘルスでも、その他の行為によりHIV(エイズ)に感染する確率はゼロではありません

またヘルスでは、HIV(エイズ)だけでなくクラミジアや淋病など他の病気をもらうこともあります。

あなたは素股や手コキで我慢出来ますか?
出来るならヘルスでHIV(エイズ)に感染することはないでしょう。

ヘルスで遊んでも大丈夫です。

私なんて、ヘルスで我慢できずにゴム無しで挿入しちゃったことだってあります…

アルコールのせいもあったとはいえ、なんて危険な行為…
今考えるとゾッとしてしまいます (;´Д`)

ヘルスでもフェラやクンニをする以上、HIV(エイズ)に感染するリスクがあるということを知っておかなければなりません。


HIVの基礎知識 HIV検査キットについて
検査キット比較 検査目的で選ぶ
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

ヘルスとソープのHIV感染確率を比較してみた