ヘルスでクラミジアに感染し彼女と別れた

手頃な料金で女の子と遊ぶことが出来るヘルス(ファッションヘルス)。

管理人は若いころから風俗が好きで、財布との兼ね合いも有り仲間とヘルスばかり通っていた時期がありました。

ヘルスは1万円以下で肌と肌の密着を楽しめ、69や素股、生フェラサービスまで受けられる性風俗。

昼間や夕方に行くと割引があったりして更にお得に楽しめちゃいます。

ヘルスへ行くと大体

シャワー→キス→リップサービス→生フェラ

という流れでサービスを受けます。

店や女の子によっては素股をしてくれる場合もありますが、本番行為がないということで働く女の子側の敷居が低いのか、ヘルスはソープよりも若くて可愛い子が多い印象があります。

都道府県によっては18歳以上なら働くことが可能ですので、中には18歳や19歳といった若い子も在籍していたりもします。

そんな若くてピチピチした女の子とイチャイチャできた日には、本番セックスをしなくても大満足の管理人です。

ところがある日、ヘルスなのにどうしても本番がしたくなってしまったことがあって、女の子にフェラしてもらった後、「今度は僕が舐めてあげるよ」と裸の女の子をベッドに寝かせクンニしました。

クンニの後女の子のオッパイを舐めながら体を起こし、そのままの流れでゴム無しで挿入。女の子も声を必死に殺してそのまま本番をさせてくれました。

あまりの快感ぶりに調子に乗って中出しまでしてしまう始末。

「いやーこの店のあの子良かったなぁ…また指名しよっ!」
なんて言いながら友人と盛り上がりました。

後悔

こんな経験があった2週間後、なんか尿道がムズ痒いというか痛いような違和感を感じました。

この頃は性感染症に対する知識がほとんどなくやりたい放題でしたので、そんな状態になっても

「なんだろ?ろくに風呂掃除せずに風呂入ったからなんかバイ菌が入ったかな?」
くらいの意識しかありません。

性感染症に対してそんな低い意識で彼女とセックスするもんだから
当然彼女にもクラミジアを感染させてしまいました。

彼女が病院へ行ってクラミジアと診断され二人で薬を飲み、この時はそれで完治したのですが、まぁその彼女とはその後うまく行かなかったのはいうまでもありません…

あの時は、クラミジアすら意識していませんでしたが、あの状態で更にヘルスへ通っていたらエイズ(HIV)に感染していてもおかしくなかったたかもしれません。

クラミジアなど他の性感染症を患っているとHIV(エイズ)への感染率が跳ね上がってしまいますから。

■ HIV(エイズ)の感染率についてはこちらを参考にして下さい。
→ HIV感染率を上昇させる他の性感染症

今考えると本当に恐ろしいことです。

感染

ヘルスで本番をしてしまったからクラミジアに感染してしまったのか、それとも本番行為以前に既にヘルスでクラミジア感染していたのかは定かではありません。

ただ1つ言えることは、性感染症に感染するのは何もソープだけではなく、ヘルスやピンサロなどの性風俗でも感染するということ。

HIV(エイズ)を始めとする性感染症は粘膜や精液・膣分泌液を介して感染します。

69やクンニ、生フェラだけでもクラミジアやHIV(エイズ)などの性感染症に感染するリスクがあるということを必ず知っておきましょう。


HIVの基礎知識 HIV検査キットについて
検査キット比較 検査目的で選ぶ
検査キットサイト おすすめ度 評価・レビュー
第1位 STDチェッカー 使用方法が丁寧に解説されていて、初めて検査キットを使う方でも迷うことなく検査が行えます。2003年から販売し信頼性が高く実績のある検査キット。
第2位 GME医学研究所 自社検査機関による信頼ある検査とローコストパッケージ、送料・代引手数料無料が特徴。最安3,440円での検査が可能。
第3位 ふじメディカル 横浜市の認可を受けた自社ラボでの検査と、検査キットの低価格が特徴。検査結果は指定メールアドレスへの通知/電話確認/簡易書留での郵送から選択。
第4位 セルシーフィット 検査結果は信頼でき、検査キット本体と送料が安く設定されていますが、若干ホームページ(検査結果の確認)と検査キットの使い方説明がわかりにくい点があります。
第5位 宅配ドクター ポップなサイトとパッケージデザインで女性がメインターゲット。検査は信頼できる機関へ委託しているので問題ありませんが、検査キットの種類が少な目なのが残念。
第6位 kensa.biz 医療機関が販売・検査をする検査キット。しかしホームページが雑で検査キットをうまい具合に探せません・・・更には、採血手順書も古くきちんと整備されていません。

このページの先頭へ

ヘルスでクラミジアに感染し彼女と別れた